So-net無料ブログ作成
検索選択
プロフィール ブログトップ

プロフィール [プロフィール]

p.jpg

東京芸術大学卒業、同大学院修了。 第22回日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門において審査員満場一致の第1位を獲得しデビュー。ソリストとして、自身のリサイタルの他、芸大フィルハーモニア、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シンフォニエッタなど、オーケストラ、吹奏楽との協演を多数行っている。オーケストラの中のサクソフォニストとして、国内主要オーケストラに多数出演。清水靖晃&サキソフォネッツのメンバーとして活動を展開。CD「ペンタトニカ」(ビクターエンタテイメント)リリース。また、ロシア、キューバ公演も成功させている。「クローバー・サクソフォン・クヮルテット」ソプラノサクソフォン奏者。東京文化会館・小ホールにて満席のデビューを皮切りに、これまで、紀尾井ホール、浜離宮朝日ホールでのリサイタルも成功させている。キングレコードよりファーストアルバム「クローバー」リリース。次世代を担うサクソフォン・クヮルテットとして注目されている。
これまでにサクソフォンを田中靖人、須川展也、冨岡和男の各氏に師事。室内楽を中村均一氏に師事。
洗足学園音楽大学、武蔵野音楽大学、東京芸術大学、東京ミュージック&メディアアーツ尚美講師。

演奏の依頼、レッスンの希望等、随時受け付けております☆☆
お問い合わせは下記アドレスまでお願いします。
MAIL→ mongoroido2000@yahoo.co.jp

○作曲リスト○
・フルートとピアノの為の「dositamon」
→作曲科発表会にて初演:fl.多久潤一郎 pf.川岸麻理
 初めての作品。タイトルは宮崎弁で「どうしたの!!?」

・ピッコロフルートとソプラノサックス、ピアノの為の「game over」
→旧奏楽堂作曲科演奏会にて初演:fl.多久潤一郎 sax.田村真寛 pf.川岸麻理

・ソプラノサックスとピアノの為の「wing」 
→最も再演の多い曲。四国での國末貞仁さんのリサイタルのアンコール曲。

・ソプラノサックスと弦楽オーケストラの為の「wing」
→芸大有志のオケと田村くんが初演

・サックスラージアンサンブルの為の「wing」
→12回芸大サックス演奏会にて川口リリアで初演

・3人のテナーサックス奏者の為の「juice」
→芸祭サックス科演奏会にて初演:東涼太、伊藤あさぎ、田村真寛
ブダペスト音楽院の作曲の先生に褒められました。弟子入りしようかな。。

・バリトンサックス2本とピアノの為の「四尺玉」
→芸祭サックス科演奏会にて初演:sax.坂口大介、寺田麗美 pf.原田恭子
   下町のおじさんに褒められました。「こんな曲初めて聞いたぁ!!」と。

・サックスクァルテットの為の組曲「夏の火」
 1.台風の目の中に  2.せんこう蛍  3.空と太陽と飛行機雲  4.尺玉級
ストライクのリサイタルで初演。大好評でした。再演したいです。

・ソプラノサックス2本とアルトサックス2本とピアノの為の「即興的快速ピコピコ携帯」
→レッスンリサイタルで初演。アンコールの曲でした。

・ソプラノサックスとバリトンサックスの為のソナタ
→東京駅breakライブにて初演:江川良子、鈴木広志
   観客は「ぽか〜ん」という感じでした。たしか。

・ピアノ曲小品「小鳥の群れ」
→サックス部屋にて個人的に初演

・フルート協奏曲
→制作中。たぶん途中で終わる。で、多分演奏不可能。

・4本のソプラノ、3本のバリトンサクソフォンの為のラプソディ「記憶の欠片」
→2007年芸大サクソフォン専攻生によるコンサート「Saxophone Day」にて初演

・サクソフォンクヮルテットの為の小品「マタタキ」
→2007年7月7日墨田区ユートリア・プラネタリウムにて初演:クローバーS.Q


プロフィール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。